紫外線は家の中に入ってくる

紫外線は家の中にまで入ってきます。


家の中にいるから日焼け止めはつけなくてもいいと思う方も多く、家の中ではすっぴんでいたいと思うこともあります。



しかし、紫外線は家の中に入ってくるので油断は禁物です。


そんなときに一役かってくれるのが、紫外線カットのレースカーテンなのです。


今日は肌に負担をかけたくない。


肌のデトックスをしたい日と、すっぴんでいたいときに快適に安心して過ごせるのです。



遮光カーテンでの紫外線カットはもちろんですが、それだけではなく二重で保護することによって、肌への紫外線ダメージを防ぐことが出来るのです。



レースのカーテンのあるなしで、部屋の明るさが変わってしまいますが、メイクも済ませ紫外線対策をばっちりだというときには、レースのカーテンもオープンにして、すっぴんで過ごしたいゆっくりとしていたいというときには、レースの紫外線カット効果にお願いしちゃいましょう。



部屋の中に入ってくる紫外線の力は、和室の畳でよくわかります。


和室の畳は日焼けをすると色褪せ、イグサのいい香りもすぐに飛んでしまいます。


これは、家の中に紫外線が入ってきて起こることです。



畳を黄ばませてしまう紫外線が家の中に入っているということに気づいたときには、ぞっとしました。


すっぴんの無防備な状態でいると、畳の変化のように私の肌も変わってしまうのではないかと思ったのです。



はじめに話したように、起きてすぐにメイクをしてからカーテンを開けていたのだからいいのでは?と思われると思います。


それが、去年体調を崩して入院したときに、私のベッドが窓側だったことが大きなきっかけとなったのです。



入院は夏、カーテンは紫外線カット効果があるわけでもなく、同室の人の希望もあり、サンサンと紫外線が降り注ぐ紫外線の中いることになった私。


頬が熱くなってきて赤くなるようになりました。



あ、これは家の中でもそうなのだとそこで気づいたのです。


普段はメイクをしっかりとして、日焼け止めを使っていることで気にしていなかったのですが、すっぴんでいるとこんなに違うのかと。


退院してから、しばらく自宅療養をすることになったこともあり、思い切って紫外線カット効果の高いレースのカーテンを購入。



過ごしてみると、すっぴんでいても肌が熱くならない!顔だけでななく、手や首にも紫外線が当たり焼ける心配もない!安心して療養できました。


それ以来、すっぴんになり、肌のデトックスをする日を作るようになりました。


おかげで肌の調子も良くなりました。



シミ・たるみ予防は、スキンケア品・メイク品で紫外線にカットはもちろん、紫外線カットのレースのカーテンを足すことでさらに効果的です。


すっぴんでいたいときにも効果的に働きます。



紫外線が肌に与える影響は、シミ・しわ・たるみ・乾燥と様々です。


美肌を保つためにも、紫外線が部屋に入らないように工夫することも大事です。


紫外線カット効果の高い、レースのカーテンで紫外線から肌を守りましょう。


育毛剤ブブカは抜け毛が多い方にオススメ